メインビジュアルお知らせ

糖尿病 循環器科 運動器リハビリテーション

〒116-0003 東京都荒川区南千住3-4-1

お問い合わせ03-3891-1951

MENU

staff-blog

ブログの記事

脳のトレーニング! N.O3

ブログ

東京都荒川区・台東区の皆さん、こんにちは!

茂澤メディカルクリニック リハビリテーション科 柔道整復師の飯田浩史です。

さて、皆さん今回も脳のリハビリテーショントレーニングについて一緒にやっていきましょう。

今回はレーシングドライバーも実践していると言われている、脳トレをご紹介します。

私が矢印(↑・ ↓ ・→ ・←)と書きますから、皆さま方はその矢印を見て、矢印の向いている方向を読み

上げて(声に出して)みて下さい。まずは練習です。

①← 皆さま方 ひだり

②↓ 皆さま方 した  

③→ 皆さま方 みぎ 

④↑ 皆さま方 うえ

ご理解頂けましたか?

次はひとひねり。矢印の向いている方向と反対の方向を読み上げて(声に出して)みて下さい。

①↑ 皆さま方 した 

②→ 皆さま方 ひだり 

③↓ 皆さま方 うえ 

④← 皆さま方 みぎ

更にひとひねり、指先で矢印の方向を指しながら、反対の方向を読み上げて(声に出して)みて下さい。

①↑ 皆さま方 指先は☝ 読み上げは した  

②→ 皆さま方 指先は☞ 読み上げは ひだり

③← 皆さま方 指先は👈 読み上げは みぎ 

④↓ 皆さま方 指先は☟ 読み上げは うえ

ご理解頂けましたか? 

最後に矢印を10個、出していきます。

間違えない様になるべく早く、指先で矢印の方向を指しながら、反対の方向を読み上げて(声に出して)みて下さい。

①↑ ②↓ ③→ ④← ⑤↓ ⑥↑ ⑦→ ⑧← ⑨↓ ⑩↑

お疲れ様でした。このトレーニングは2つ以上の事を同時にする時、それぞれに適切に注意を払う能力、いわゆる注意分割機能を鍛えると言われています。

物忘れが多くなってきた。有名人、お知り合いなどの人の名前が思い出せないことが多くなってきた

言いたいことが、なかなか言葉に出せないことが多くなってきた。などがございましたら、続けてみて下さい。

脳トレの話をもっと聞きたいな、又腰、ひざ、肩、頚、の痛みでお悩みの方は是非当院の受診やリハビリテーション科にご相談を下さい。

リハビリテーション科

柔道整復師 飯田 浩史

TOP
ロゴ
美容皮膚科
ロゴ
求人情報