メインビジュアルお知らせ

糖尿病 循環器科 運動器リハビリテーション

〒116-0003 東京都荒川区南千住3-4-1

お問い合わせ03-3891-1951

MENU

staff-blog

ブログの記事

筋肉痛はなぜ出るの?

ブログ

東京都荒川区・台東区の皆さん、こんにちは!

久しぶりに子供とかけっこ競争したら、太もも、ふくらはぎが痛いな~。

茂澤メディカルクリニック リハビリテーション科 柔道整復師の飯田です。

今回のブログは筋肉痛について書いてみようと思います。

筋肉痛はなぜ起こるのでしょうか?

①運動をする。

②筋線維が負傷する。

③タンパク質などで補修される。

④負傷した筋線維が以前より強くなる。

筋肉痛はトレーニングなどの運動によっ

て筋線維が負傷することで起きると考え

られています。

運動不足だと、筋肉は疲労が溜まりやす

く、硬くなりやすくなり、硬くなった筋

肉を無理に使おうとするため、筋肉痛が

起きやすくなる上に怪我もしやすくなっ

てしまいます。そこで、年齢にかかわら

ず、日頃から体操、スポーツ、筋トレ、

ストレッチなどを少しずつ、短時間でも

良いので続けることはとても大切です。

 ひとつ疑問が湧いてきました。

年齢を重ねると筋肉痛は遅れてやってく

るのでしょうか?

筋肉痛が出るタイミングは、年齢ではな

く「運動強度」に関係しています。

例えば、短距離の全力疾走など、筋肉を

早く、強く動かすことは、筋肉に大きな

負荷が掛かるので、損傷しやすくなり、

比較的早く筋肉痛が出てきやすい傾向に

あります。

逆に、スピード(タイム)を意識しない

水泳やウォーキングなど、筋肉をゆっく

り、弱く動かすことは、筋肉にはそれほ

ど大きな負荷にはならないので損傷しに

くい。だから、比較的遅く筋肉痛が出て

くる傾向にあります。

なぜ運動強度によって、筋肉痛の出るタ

イミングが早くなったり、遅くなったり

するのでしょうか?

それは、筋肉の「損傷」と「修復」のバ

ランスによって、痛みが出るタイミング

が決まってくるからです。

筋肉は運動による「損傷」が起こると、

そこから「修復」が始まる。強度が高い

運動をすれば、筋肉のダメージの蓄積が

早く、修復のスピードスピードが追いつ

かない、だから、筋肉痛が「早く出やすい」。

年齢を重ねると、全力疾走など、筋肉を

限界近くまで追い込むような運動はあま

りしなくなることが多く、そこで筋肉痛

が「遅く出るようになった」と感じるこ

とが多くなるようです。

だだ、日常的に使っている筋肉か、あま

り使っていない筋肉かによっても、かか

る負担は変わってくるため、筋肉痛が出

るタイミングは人によって差が出ること

もあると考えられます。

肉離れと筋肉痛の違いとは?

肉離れと筋肉痛の違いとは? Part2

リハビリテーション科

柔道整復師 飯田 浩史

監修 茂澤 健一(茂澤メディカルクリニック院長)

TOP
ロゴ
美容皮膚科
ロゴ
求人情報