超音波(エコー)検査

当院では腹部、心臓、甲状腺、頸動脈の専門的な診断を可能にする超音波検査を実施しております。

超音波検査は予約制ですが、患者さんの状態にあわせて緊急に行うこともあります。(腹部エコー検査では食事を抜いて検査を受けていただきます)ご希望の方はご相談下さい。

超音波検査とは

音の一種である超音波を体の表面からを当て、返ってくる反射波を映像化し内臓や血管の状態を調べる検査です。超音波が対象物に当たり、やまびこのように反響するのでエコーとも呼ばれます。検査時に痛みが無く、血管・血流が見やすく放射線被ばくもないので、高齢者、小児、妊婦の方でも安心です。

経過観察、早期発見に有効です!

腹部超音波検査

胃カメラや大腸カメラでは観察できない腹部の病気の診断、腹腔内の腹水や出血を調べます。肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、膀胱、子宮など広範囲の診断が可能です。また、胃や大腸の潰瘍や強い炎症の有無なども確認でき、腹部臓器の癌の早期発見に繋がります。

心臓超音波検査

心臓に超音波をあて、心臓の大きさや動き、血液の流れ、弁の状態を観察しポンプ機能に異常がないかを調べます。心筋症、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、先天性心疾患などの診断が可能となります。

循環器内科についてはこちらをご覧ください。

頸部超音波検査

頸動脈は首の浅いところにあるため超音波でかなり見やすく、血管の状態や狭窄の有無を詳しく見ることができます。頸動脈は動脈硬化が起こりやすく、進むと血管は細くなり詰まってしまい脳卒中の危険度が増します。頸動脈超音波検査では、動脈硬化をごく初期段階でとらえることが出来ます。

甲状腺超音波検査

甲状腺は首の前「のどぼとけ」のすぐ下にあり、体の新陳代謝を高め体調を整える甲状腺ホルモンを生み出す臓器です。重要なホルモンで、脳や骨の成長、新陳代謝の促進、神経と精神のコントロールなどに影響を与えます。甲状腺超音波検査では、甲状腺の大きさや腫瘍の有無・リンパ節の腫れを調べます。甲状腺に関わるバセドウ病や橋本病などの病気にも超音波検査が有効です。

当院の超音波機器

超音波検査では機械の性能が画質を決定します。近年の超音波検査の画質の向上は著しく、より詳細な情報が得られます。
東芝 Xario100Sは超音波造影剤を用いた精査も可能な超音波機器で、早期ガンなどの診断にも有効です。

循環器内科