当院のリハビリテーション

スペース拡張に伴い、待ち時間が少なくなりました!
各種スポーツ活動から生じる痛みから、日常生活からくる疲労によって生じる痛みまで対応しております。痛みは放置せず一度ご来院ご相談ください。

リハビリテーション

各種スポーツ活動でみられる痛みの要因に対応します

通常スポーツ活動による身体各部の痛みの要因は大きく分けて2種類。
練習、試合などで発生するいわゆる怪我、自身の体力を超えて練習を続けることによって発生する「オーバーユース障害(使い過ぎ障害)」など・・・。

なかでも、オーバーユース障害と思われているものには、単なる使い過ぎとはいえないケースも多く含まれています。「オーバーユース」であれば、痛みが出ている部位を休ませてあげれば、痛みは再発しないはず。しかし、十分な休息を取っても、痛みが再発するケースが多くみられます。

これは、あやまったフォームで運動を続けることで、局所にストレスがかかり続ける 「オーバーストレス傷害(ストレスのかかり過ぎによる傷害)」を疑って治療を行う必要があります。
当院では、疼痛発生の原因動作を確定させるため、各種スポーツのフォームチェックを行い、必要な筋力トレーニング・柔軟性を高めるためのストレッチ等も含めて治療を実施しております。

注)スポーツ活動に限らず、日常生活でも上記のようなケースはよくみられるため当院にお気軽にご相談ください。

フォームチェック ストレッチ

局所症状を改善するための全身治療を行います

俗にいう野球肘は、肘そのものの治療より肩の使い方、股関節の使い方の指導が必要なケースがほとんどです。 また、成長期にみられるオスグット病なども、局所のみではなく、正しい姿勢や足首の関節の柔軟性を獲得することで改善するケースが多く見受けられます。

注)上記では成長期・スポーツでの例を挙げましたが、当院では一般的な「痛み」に対しても、局所の症状を、全身状態から探る治療を心がけております。

日頃の疲労も、ため込めば捻挫と同じ状態に・・・

リハビリテーション

肩こり・腰痛・慢性疲労も、前記スポーツ活動と同様、オーバーストレスがかかり続けると、筋や関節の炎症症状につながり、やがては、ぎっくり腰のような痛みを伴うことがあります。
日常的に同一姿勢での作業が多い(立ちっぱなし、座りっぱなし・・・)同一部位を酷使する作業をされる方は、日増しにストレスがたまってくるものです。 そのような方々にも、よりよい作業姿勢や対処方法をつくり出すお手伝いをさせていただきます。

その他、こんな症状の時、お越しください

下半身太り、むくみ、足首、膝関節、股関節、上半身にゆがみなどを感じる、など。
これらは、脚の長さの左右差、内臓などにも影響を及ぼしていることもあります。

当院では、骨折、脱臼、捻挫、テーピング固定、肉離れのギブス固定などの専門スタッフがおります。

骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤のゆがみは、日常生活の習慣、歩き方、座り方などで引き起こります。
そのゆがみがあるがために、さらにゆがんでしまうような動作が習慣となり、ますます「ゆがみ」を進行させる事となります。
骨盤矯正は、はじめにひとりひとりの体調、体質に合わせ、充分に筋肉をマッサージし、体を柔軟にさせてから行います。
背骨のズレやゆがみを手を用いて矯正し、正しい位置にまっすぐに直すことによって、脳からの神経生理機能を高めます。
薬を使わない一番自然な療法です。