生活習慣病(メタボリック)とは

生活習慣病は、糖尿病・脳卒中・心臓病・高血圧など、毎日の良くない生活習慣の積み重ねが発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称です。
生活習慣病は、遺伝的な要因もありますが、生活習慣を見直すことで予防・改善につながります。

例えば、食生活ではファーストフードや食品添加物の多い食物を避けてできるだけ手作りで栄養の偏りがないように3食しっかり食べることであったり、喫煙・飲酒を控えたり、適度な運動をすることなどです。

現状、日本人の3分の2近くが生活習慣病で亡くなっています。
その原因が生活習慣であるために早めに生活習慣の見直し・改善していくことが必要になってきます。
当院では生活習慣病の予防・管理などを行っています。
気になる方は一度ご相談下さい。

死の四重奏

高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満が代表的なもの。もちろん単独でも恐ろしい病気ですが、重複すると命にかかわる危険が増します。

放っておくと自覚症状がほとんどないまま、体の中で動脈硬化が静かに進行します。
ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞、下肢の壊死などが起こり、取り返しのつかないことになりかねません。そして、重複すると命にかかわる危険が増します。

動脈硬化

生活習慣病は、動脈硬化をもたらします。動脈が硬くなり弾力性を失ってしまい血管壁にコレステロールなどがたまることにより血液の流れが悪くなります。さらに重症になると、血栓がつまって、血管を完全にふさいでしまうのです。

doumyakukouka1

高血圧(早朝高血圧)

血圧が高い状態が続くと血管に負担がかかり傷みやすくなるため、動脈硬化につながります。
そして動脈硬化により血液が流れにくくなると心臓に大きな力が必要となって、血圧をますます上昇させてしまいます。
ふだん何も症状がなくても、心筋梗塞や脳卒中を起こす原因となる高血圧。放置は絶対に禁物です。

脂質異常症

血液中のコレステロール値が高いだけで、ほとんど自覚症状がありません。
しかし、放っておくとコレステロールが血管の内側に蓄積され、動脈硬化が進行します。
心筋梗塞や脳卒中などのさまざまな病気をひき起こす前に、コレステロール値をきちんと下げる必要があります。

糖尿病

すい臓から分泌されるインスリンの働きが悪くなったり、量が少なかったりすることが原因で血液中の糖分が異常に高くなる病気です。
自覚症状が殆どないため、気づかないうちに血管がもろくなり動脈硬化が進行します。
さらに、目や腎臓・神経など全身のさまざまな臓器に障害が起こる危険があります。

肥満・メタボリックシンドローム

肥満には、皮膚のすぐ下に脂肪がたまる「皮下脂肪型肥満」と内臓のまわりに脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」がありあす。
最近とくに問題視されている内臓脂肪型は、高血圧や脂質異常症などさまざまな病気を引き起こすと考えられています。
内臓脂肪型肥満は皮下脂肪型肥満と違って、外見からもわかりにくいので要注意。
ウエスト径が男性で85CM以上、女性で90CM以上であれば、内臓脂肪型肥満の危険があります。