糖尿病

通常、食物を摂取すると胃や腸で消化され、ブドウ糖が作られます。
ブドウ糖は体を動かすエネルギー源となるもので、これが足りなくなると体が正常に機能しなくなります。
糖尿病はブドウ糖がエネルギーを必要としている臓器に運ばれなくなってしまい、血液にたまったままになるため、血糖値が上がる病気です。

原因はインスリンというホルモンが少なくなり、血糖を調整できなくなってしまうことがあげられます。
インスリンは膵臓から放出されるホルモンで、血糖を制御しています。
食べたり飲んだりした食べものは、体が機能するために、糖も含め必要な成分に分解されます。
吸収された糖が血液中に入ると、膵臓が刺激されてインスリンが産生されます。
インスリンは糖を細胞に取りこみ、取りこまれた糖はエネルギーに変換され、すぐに消費されるか、必要なときまで蓄えられます。
そのため、インスリンが不足すると糖を所々の細胞に送れず、血糖値が高くなってしまいます。

インスリンが不足する原因としてはすい臓の異常や、他のホルモンの働きで阻害されているなど様々挙げられます。

こんな症状ありませんか?

  • 手足がしびれる
  • 便秘がちである
  • よく喉が乾く
  • トイレが近い

以上の症状がある場合、糖尿病のおそれがあります。

糖尿病は、初期症状としては手足のしびれや便秘などがあると考えられます。
血糖値がかなり高くなってくると、口渇・多飲・多尿という症状があらわれてきます。
これらは血糖値が高いためにおこる症状のため、治療により血糖値が低下するとこれらの症状は収まります。
血糖値がさらに高くなると、重篤な糖尿病性昏睡を来たし、意識障害、腹痛などをきたすこともあります。
いっぽう発症初期の血糖高値のみでこむら返りなどの特異的な神経障害がおこることがあります。

糖尿病は他にも以下の症状を併発することがあります。

  • 視力が低下する
  • むくみ、乏尿、全身倦怠感など
  • 立ちくらみ、勃起不全など。
  • ふくらはぎに硬い斑点ができる

糖尿病が起こす神経障害 〜痛みを感じなくなってしまう〜

糖尿病で怖いのが、糖尿病が起こす神経障害により「あるべき症状を感じない」ため、併発する症例に対し早期の治療ができなくなってしまうことです。
併発する症例として例えば心筋梗塞があげられます。
心筋梗塞は通常激しい胸の痛みがありますが、この痛みが神経障害により感じず、知らぬ間に心不全に至ることがあります。
他にもまた手足の先で温度を感じる機能がにぶくなってしまいこたつやあんかなどで低温やけどをしてしまうことがあります。この場合、糖尿病はさらに閉塞性動脈硬化症(動脈硬化症)を併発していたりして、手足への血液の供給が不十分であると、傷ついた手足の皮膚を修復できず、傷がどんどん広がって巨大な足潰瘍に至り切断をしなければならなくなることもあります。
糖尿病は遺伝など先天性の原因もありますが生活習慣からくることも多い症状です。 日々の生活習慣を見直し、改善することが大事になってきます。
当院では糖尿病の予防相談も承っています。
これらの症状などの中で気になる点がありましたらお気軽にご相談下さい。

高血圧

高血圧はその名の通り血圧が通常よりも高くなり、心臓や血管に負担をかけてしまう症状です。 多くの場合はっきりとした原因はわからず、本人が気づかぬうちに心臓や血管にダメージを与えていって合併症を引き起こしてしまいます。 その性質のため「サイレントキラー」と呼ばれています。

こんな症状ありませんか?

  • 頭痛がする
  • めまいがする
  • 耳鳴りがする
  • 動悸がある
  • 血圧が高い

はっきりとした自覚症状がない高血圧症ですが、以上の症状がある場合、高血圧を疑います。
ご自分が高血圧かどうかを把握するためには自分の血圧を常日頃把握しておくことが大事になってきます。
血圧の標準値(基準値)は、日本高血圧学会が2004年に定めた血圧の判定基準によると、成人の場合最高血圧140mmHgまたは最低血圧90mmHg以上を高血圧としています。

もしご自分が高血圧かと思われる場合は他の合併症も疑われるため、一度ご相談下さい。

併発する症例

  • 動脈硬化
  • 心臓病
  • 脳梗塞
  • 脳出血、など