野球ひじ

野球ひじ 野球肩

投球動作を積み重ねることにより起こる肘の痛みの事をさします。
一般に野球の投手に多く見られ、症状は投球のリリースの際に肘に激しい痛みを覚え、投球を困難にさせます。
一球で野球肘になることはなく、長期間に渡る悪いフォームでの投球、過度の投球によって起こります。
同様のものにテニスエルボーが上げられます。

野球ひじの治療法

電気治療や温熱治療などを行います。
また、マッサージ・整体により肩、肘周りの筋肉、関節を和らげる事で痛みを軽減させます。
患者様の状態に合わせた治療を行いますのでご相談下さい。

野球肩

野球肩とは、基本的に慢性的な投球などの動作の繰り返しによって継続的に肩に負担が加わり、肩の組織に炎症を発症する障害のことを指します。

野球肩の治療法

運動制限を行い保存治療をしていきます。
症状によってはアイシングや注射などを併用し、痛みや炎症を抑える処置を行います。