更年期障害とは

更年期障害とは、閉経に伴なう卵巣機能の低下によるホルモンバランスの崩れにより起こる症候群です。その症状が原因となり仕事や家事など日常生活ができないほどの障害が出る場合もあります。
40代以降の男性に起こることもあり、その場合男性更年期障害といいます。

原因

女性は閉経期(50歳前後)をはさんだ前後約10年間に卵巣機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つであるホルモン(エストロゲン)の量が減少することにより起こります。

男性は、概ね40歳以降、加齢やストレスなどにより男性ホルモンであるテストステロンの血中量が減少することにより起こります。

症状

女性の場合

自律神経失調症状 脈が速くなる(頻脈)、動悸、血圧が激しく上下、腹痛、微熱、ホットフラッシュ(顔ののぼせ・ほてり)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、疲労感、口の渇き、のどのつかえ、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、知覚過敏、関節痛、筋肉痛、性交痛、生理不順など。精神症状 ヒステリー情緒不安定やイライラ、抑うつ気分など

男性の場合

  • 「性機能関連症状」性欲の低下、ED(勃起障害)など。
  • 「精神・心理症状」抑うつ感、落胆、不安、疲労感、記憶力や集中力の低下など。
  • 「身体症状」発汗、ほてり、睡眠障害、関節・筋肉関連の症状など。

治療

ホルモン療法

閉経前後に体内で不足してきた女性ホルモン(エストロゲン)を、注射薬、飲み薬(経口剤)や貼り薬(貼付剤)として補充するHRT(ホルモン補充療法)があります。
ホルモン療法が有効とされますが、乳がんの恐れがあります。男性の発症者に対しては、ED治療薬を使用することもあるほか、生活習慣を改めることにより症状が軽くなることもあります。

プラセンタ療法

更年期障害の注射薬として、厚生省より承認されたメルスモン注射薬があります。
副作用がほとんどなく効果的な薬剤です。

  • 自費 1アンプル
  • 費用:1,000円(税別)

漢方薬

漢方では加味逍遥散・桂枝茯苓丸・柴胡加竜骨牡蛎湯・女神散などがあります。