レーザーフェイシャルとは

医療レーザー脱毛とは

レーザーフェイシャルは、冷却装置の付いたレーザーをお悩みの患部に照射して、肌表面のくすみやシミ、毛穴の症状を目立たなくする治療法です。
同時に深部層のコラーゲン形成を促すことで、ハリを出し小ジワやたるみなどのトラブルを予防します。また、吹き出物や炎症性ニキビの改善や産毛の脱毛も期待できるオールマイティな治療です。
ただし、シミ・くすみ・そばかすを重点的に治療したい方には、ライムライトがおすすめです。

レーザーフェイシャル同意書(PDFにてダウンロード)

レーザーフェイシャルについて

施術時間 30分程度
痛み 輪ゴムで軽く弾かれる程度
お化粧 当日より可能です
施術回数 約4週間に1回が目安です *効果の現れ方には個人差があります
注意事項
  • 脱毛部位に日焼け止めや化粧品(化粧水等含む)が残っていると、レーザーが成分に反して熱傷を起こす可能性があります。照射前に必ず落としてください。(施術前にパウダールームで落としていただけます。)
  • レーザー照射後は皮膚の乾燥が生じますので、スキンケアをおこない保湿をしてください。
  • レーザー照射後は皮膚の赤み、腫れが生じる事があります。
  • 照射後に吹き出物やブツブツした肌荒れが生じることがあります。レーザー照射によりターンオーバーが早まり、皮下にあった皮脂等が一斉に出てきていると考えられます。この症状は2週間程度で自然に治ります。
  • メラニンの濃い部分に強く反応した場合、軽度のかさぶたができる可能性があります。
  • シミの中に隠れて肝斑がある場合など、レーザー照射によって一過性にその部分の色素が濃くなる場合があります。その場合には、一旦治療をお休みいただき摩擦を避けて色素が落ち着くのを待ちます。